FC2ブログ

ニゾラルクリーム2%(NizoralCream)

ニゾラルクリーム2%(NizoralCream)



ニゾラルクリーム配合成分のケトコナゾールは、アゾール系の抗真菌成分です。本剤は、薬効成分・ケトコナゾールを2%含有しています。
ニゾラルクリームは、動物のマラセチア性皮膚炎や皮膚糸状菌症などの真菌感染症の治療に用いられます。
犬・猫、どちらにもご使用いただけます。
皮膚糸状菌は真菌(カビ)の一種であり、動物の皮膚に感染して、表皮の角質層などにおいて増殖する皮膚疾患です。
真菌の細胞膜において、特有に存在するエルゴステロールの生合成を阻害し、抗真菌作用を発揮します。

>>>ニゾラルクリーム2%(NizoralCream)
スポンサーサイト

アポクエル(Apoquel)(アレルギー性皮膚炎)

アポクエル16mg (Apoquel)



アポクエルは、かゆみや炎症などの症状を引き起こすサイトカインの産生を
抑制することで症状を緩和します。
摂取後4時間ほどでかゆみを緩和する作用が始まり、
その効果が24時間持続します。
なお、従来のステロイド系の薬剤のような副作用は、
比較的少ないとされています。

>>>アポクエル16mg (Apoquel)


アポクエル5.4mg (Apoquel)



>>>アポクエル5.4mg (Apoquel)


アポクエル3.6mg (Apoquel)



>>>アポクエル3.6mg (Apoquel)

チロキシン(製品名:チロノーム)(犬用甲状腺ホルモン)

チロキシン(製品名:チロノーム)150mcg



チロノームは、甲状腺障害や手術で不足した甲状腺ホルモンを補う甲状腺ホルモン剤です。
甲状腺ホルモンは、体内で細胞の新陳代謝の活発化、交感神経の刺激、成長や発達を促進する重要な働きをしています。
甲状腺機能低下症により、甲状腺ホルモンを十分に作れなくなり不足すると、全身の代謝が低下していきます。


その為、体全部の機能が低下し、さらに精神機能も悪化していきます。
このような状態になると、眠気や記憶障害、抑うつ、無気力などの症状が現れ、また皮膚の乾燥、脱毛、むくみ、便秘、体重増加、疲労感などの症状が現れることがあるようです。

チロノームを服用することで、体の機能に大切な甲状腺ホルモンを補い、成長・発達を促していきます。

【成分】
チロキシン(Thyroxine)) 150mg

チロキシン(製品名:チロノーム)150mcgの使用方法
犬には、体重1kgあたり22mcgを12時間ごとに、経口で与えます。
猫には、体重1kgあたり10~20mcgを1日に経口で与えます。
本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。
使用に際しては獣医師の処方と指導が必要となります。


詳細は↓↓↓
>>>チロキシン(製品名:チロノーム)150mcg


チロキシン(製品名:チロノーム)100mcg



【成分】
チロキシン(Thyroxine)  100mg

チロキシン(製品名:チロノーム)100mcgの使用方法
犬には、体重1kgあたり22mcgを12時間ごとに、経口で与えます。
猫には、体重1kgあたり10~20mcgを1日に経口で与えます。
本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。
使用に際しては獣医師の処方と指導が必要となります。


詳細は↓↓↓
>>>チロキシン(製品名:チロノーム)100mcg


チロキシン(製品名:チロノーム)50mcg



【成分】
チロキシン(Thyroxine) 50mg

チロキシン(製品名:チロノーム)50mcgの使用方法
犬には、体重1kgあたり22mcgを12時間ごとに、経口で与えます。
猫には、体重1kgあたり10~20mcgを1日に経口で与えます。
本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。
使用に際しては獣医師の処方と指導が必要となります。


詳細は↓↓↓
>>>チロキシン(製品名:チロノーム)50mcg

チロキシン(Thyroxine)(犬用甲状腺ホルモン)

チロキシン(Thyroxine)100mcg



Thyroxine(チロキシン)は甲状腺ホルモンを補う薬です。
甲状腺障害の疾病(甲状腺機能低下症)や、手術等で不足した際に投与します。甲状腺ホルモンは、身体の代謝を活発にするホルモンの1つで、これの分泌量が減少すると、元気がなくなり、肥満の傾向が現れたり、脱毛、皮膚の黒ずみなどの症状が現れます。


特に高齢になるにつれて発症率があがりますが、年齢のせいかな?と見過ごしてしまうケースが多々あります。さらに症状が進行すると、脈拍数の低下、意識障害、こん睡などに発展してしまう場合もあります。

現在のところ、甲状腺機能低下症に予防法はありませんので、定期的な獣医師の検診を受診し、早期発見と早期の治療を心掛けてください。
Thyroxineは日本国内で購入する場合、獣医師の処方が必要となります。必ず、獣医師の指示した用法・用量を厳守して使用してください。

なお、本薬は、成分であるチロキシン ナトリウムの含有が 50mcg/100mcgおよび、お得な1000錠(100mcg)の3種のお取扱いを行っております。獣医師の指示によって、必要なmcgおよび、錠数をお選びいただけます。

チロキシン(Thyroxine)100mcgの使用方法
使用量は症状と重量また、ペットの年齢によって異なりますので、獣医師の診断を仰ぎ、決定してください。以下はあくまでもメーカー推奨の一般的な使用例です。
犬の場合・・・体重1Kgに対して、22mcgを12時間おきに口径投与します。
猫の場合・・・体重1Kgに対して、10から20mcgを24時間おきに口径投与します。


詳細は↓↓↓
>>>チロキシン(Thyroxine)100mcg


チロキシン(Thyroxine)50mcg



詳細は↓↓↓
>>>チロキシン(Thyroxine)50mcg

[VetriScience]プロバイオティックエブリディ猫用(ProbioticEveryday)

[VetriScience]プロバイオティックエブリディ猫用(ProbioticEveryday)



猫用腸内環境改善サプリ

>>>[VetriScience]プロバイオティックエブリディ猫用(ProbioticEveryday)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ